山口市駅通り 弁護士法人 鶴法律事務所 山口駅徒歩1分|周南市岐山通り 鶴法律事務所周南支所 徳山駅徒歩10分|駐車場完備。気軽に相談できる法律事務所

 

弁護士法人 鶴法律事務所


山口本所
〒753-0048
山口市駅通り一丁目4番1号
TEL 083-921-6433
FAX 083-921-6455



周南支所
〒745-0071
周南市岐山通り二丁目16番地
TEL 0834-39-6500
FAX 0834-39-6522



e-mail info@tsurulaw.com
URL  http://tsurulaw.com/

駐車場完備  アクセスマップ


トップ個人情報保護リンク

 

個人向け業務 >刑事・少年事件

刑事・少年事件の弁護士費用はこちら

 

刑事事件

 刑事事件は、警察・検察による捜査及び被疑者の逮捕・勾留→起訴→公判の実施→判決という流れで進行しますが、被疑者(起訴前)または被告人(起訴後)となった方について、その時々で必要なアドバイスをしたり、場合によっては、裁判所に保釈請求をしたり、適正な裁判を受けられるようにするのが弁護士の任務です。
現代社会においても、冤罪が発生する余地は皆無とは言えませんので、特に警察・検察に疑われていることが身に覚えがない場合、あるいは、初めて逮捕・勾留された場合には、早期に弁護士を選任すべきでしょう。

 

少年事件

 昨今、凶悪な少年事件が増加傾向にあるようですが、少年審判にかけられることが多い少年事件(例外的に、大人と同じ刑事裁判を受けることになる場合もありますが)については、少年の未成熟性故に、捜査機関の誘導に乗り、不本意な自白を迫られるケースが多々あります。
 弁護士は、そうした捜査機関の違法な捜査を回避しつつ、少年の再起更生を真剣に考えていくことになります。また、少年審判の審判期日にも立ち会い、少年に有利な情状を少年審判に上程するのが弁護士の任務です。